アイズ・ザ・双頭

なにかを書きます
「ネットミームってどう?」マシュマロへの回答
0

     

     

    こちらのマシュマロに回答していきます。


    >某弁護士のネタや、大物YouTuberネタ、更には野獣ネタなど、ああいうネットミームについてどう思われますか?

     

    このあたりは、純粋なファンの人、イジって笑いにしたい人、ただ虐めたいだけの人、その他のミーハー、などが混在しているので、一概に良い悪いを言う事はできないと思います。

     

    その中で「虐め」に該当しそうな部分だけの事を抜き出して語るなら、そりゃもちろん駄目だと思いますよ。
    最悪なのは、ネットでsyamuさんや唐沢弁護士を虐めているクセに、いざ自分が学校などで虐められると、「虐めは100パーセント虐める側が悪い」とか「原因があっても虐めをすることは許されない」とか「虐めは犯罪だ」とか、虐める側を叩くような事を熱弁してバズらせるような人です。

     

    「原因があっても虐める事は許されない」って、それは確かにそうだけど、じゃあ貴方がネットでやってる事はなんですか? あれは「虐め」じゃないの? 矛盾してるでしょ。
    ……って思いますね。

     

    逆に言えば、ネットミーム系は虐め的な要素に目をつぶるのであれば基本的には良いと思います。
    僕もsyamuさんは純粋にファンですし、野獣先輩に救われた人も多いでしょうから。
    無断転載が云々の問題もありますが、これはちょっと複雑すぎて考えがまとまらないので今回は省略します。

     

     

    >「乙女か!」と突っ込んだ人が叩かれてるのを見ました。
    >私が「これくらいなら問題ないと思う」と言うと総叩きをくらいました。
    >乙女か!はだめで、ネットで誹謗中傷のようなことをするのはいいのか?と思いました。

     

    この事件は知らないのでなんとも言えないんですけど、「乙女か!」が良いか悪いかという事だけに関して僕の意見を言うなら、これはもうまったく何の問題もないと思います。


    ジェンダーが云々というのが「ダメ派」の理屈なんでしょうけど、このレベルのツッコミ(?)を「ダメ」という事にしてしまうと、適当に理屈をこねくり回せばどんなものでも「ダメ」にできます。
    それこそ、あの有名な「欧米か!」というツッコミだって、国籍差別だとか、外国人への偏見だとか、難癖をつけようと思えばいくらでも言えるじゃないですか。
    でもそんな事をいちいち認めていたら、これはもうどうにもならないと思います。

     

    ただ、僕はこの事件は知らないので、言葉そのものには問題なくても言い方とかシチュエーションが差別的と捉えられていた可能性は否定できません。
    なので、この件自体に関してはなんとも言えないです。

     


    >最近失礼だとか人権だとかそういうツイート多くて病みそうです。
    >精神年齢やIQが低いという表現は本当に低い人に失礼!とかハーフと呼ぶのは半人前みたいで失礼!とかいろいろ…

     

    正直、このレベルの失礼話は半分ネタだと思いますよ
    これらのツイートがバズっていて支持者が大勢いるように見えても、このレベルだったらさすがにリプ欄で否定されてるか、仮にリプ欄で肯定されていたとしても、この意見にカウンターしたツイートがバズるというパターンもあるかと思います

    また、ツイッターでは表現の自由を尊重しようとする傾向があるので、「規制したい側」と「規制反対側」では、基本的には「規制反対側」のほうが強い印象があります。


    そのため、このレベルの失礼ネタがまかり通るという事はしばらくはないと思いますけどね……

    こういうのをTwitter上で「多くみる」という事であれば、フォローしてる人に問題があるという可能性もあります。
    そのため、一度フォロワーを整理してみてはいかがでしょうか。
    以上ですー

     

     

     

     

     

     

    | 双頭アト | Twitter | 17:23 | comments(0) | - |
    ルサンチマンなのか? マシュマロへの返答
    0

      Twitterでこんな感じの流れがあったので、長文解答します。

       

       

       

       

       

      ↑のマシュマロに解答していきます。

       

      まず前提として、ネット内での私は「他人評価主義」みたいな所があって、これはどういう事かと言うと、「他者からの評価・印象によって自分という存在が決まってしまう」的な考え方なんですよね。

      逆に言えば「実際はどうなのか?」なんてことは、あまり重要ではないのです。

       

      それを今回の例に当てはめれば、私は自身の事をルサンチマンではないと思っていますし、そこにある程度の確証もありますが、

      仮に私を知っている人の9割が私を「ルサンチマンだ」「ルサンチマンに見える」と言うのであれば、それはもう実際に私がルサンチマンだと言う事とほぼ同じ事だと思うんですよ。

       

      「ルサンチマンかどうか?」は精神的な問題なので、本当の意味での事実は私の心の中にしかないのかもしれませんが、そんな「自分だけが知っている真実」みたいなものにはたいした意味はないと思います(場合によってはそこがなにより重要という時もあるかもしれないですが)。

       

      仮にリンゴがあったとして、1000人中999人が「これバナナじゃん」って言うのであれば、それはリンゴじゃなくてバナナなんだと私は思います。

      仮に自分だけがそれを本当はリンゴだと知っていたとしても、そんな事は些細な問題で、間違っているのは自分のほうなんです。

       

      そして今回の場合「ルサンチマンに見える」という事柄は、私の中であんまり嬉しくない事なんですよねw

      だって「ルサンチマン」て少なくとも良い印象を与える言葉ではないでしょw

      だから「もしかしたらそういう風に見られているのかな?」と思ってちょっと気にかけていたというだけの話で・・・。

       

      またこのマシュマロをくれた方は、

      『なぜ自分にまったく関係がないにも関わらず、自分がそう見られる事に興味を覚えるのかわからない』

      と言われていますが、これって言い方を変えれば、

      『自分で自分を信じきれるのであれば、他人からどう見られるのかは関係ない』

      という事になりますよね?

      (違ったらすいません・・・)

       

      この考え方自体は力強くて良いなと思うのですが、私はどうにもこのスタイルは採用できなくてですね・・・。

      仮にこの考え方を制作系のモノに当てはめるとするなら、

      『自分の作った作品を自分で名作だと信じられるなら、他者からの評価は関係ない』

      という風になるかと思うのですが、コレ自体も貫けるのであればカッコイイなと思うのですが、やっぱり私はここでもちょっとヒヨりというか他人評価主義みたいな所があって、

      『作品の価値を決めるのは作者ではなく他者。作品の良し悪しは他者の評価によって決まる』

      みたいな考え方になってしまうんです。

      もちろん、完全に100パーセントこう思っているかと言われれば、そうではない部分もありますが・・。

       

       

      次に「Twitterでやってる社会批評みたいなものは動画にしないんですか?」というご質問にお答えします。

      結論から言えば、今の時点では動画にする事は考えていないです。

      なぜかというと、その手の話題ってわりと賛否が別れてしまうものだと思うので、(コメント機能などはあれど)「一人の作者が多数の視聴者に伝える」という特性を持つ動画の場でそれをやるのは、私にはちょっと荷が重すぎるという部分が理由のひとつです。

       

      これがTwitterであれば、フォロワー数の違いで影響力の差こそあれ、「ツイート」という単位での発言の重みは基本的には皆平等みたいな所がありますし、その「フォロワー数の差」さえも「バズる」ことさえ出来れば瞬間的ではあっても簡単に追い抜けちゃう的な所があるじゃないですか。

       

      ようは何が言いたいのかと言うと、私は自分の社会批評(?)にはたいした自信はないので、「作者>視聴者」の関係性になってしまう動画では極力やりたくないという事です。

      だからTwitterでのほうがやりやすいというのはあるかもしれません。

      (Twitterは長文無理なんで長文が必要な場合はこのブログに書くかもしれませんが)

       

      あとは、その手のツイートを私がする時って、わりと話し合い・・でもないんですが、それに近いものを求めているフシがあって、それで言うと動画媒体は話し合いには圧倒的に不向きというのも大きいです。

      Twitterなら、なにか私が「こう思う」と言った事に対して、反論したいならリプライでも引用リツイートでもすればいいし、逆に肯定してくれるのであれば、リツイートやいいねをして頂ければ、どちらにせよ次につながると思うんですよね。

      私が考えを変えるかもしれないし、逆に私のツイートを見た人のほうが考えを変えるかもしれないし。

       

      ついでに言えば、ゆっくりやVOICEROID系の動画って作るのに時間がかかるので、僕の場合だと20〜40時間とか平気でいっちゃうので、動画そのものをポンポン出せない、作るのが面倒くさい、的な事情もありますw

       

      こんなところでしょうか。

      またすごい長文になってしまいましたが、ここまで読んでくれた方ありがとうございます。

       

      | 双頭アト | Twitter | 19:58 | comments(0) | - |
      「ぐろしす」の感想
      0

        ヨーグルシンジケートさん作成のノベルゲーム「ぐろしす」の感想を書きます。

         

        一応シリーズものの一部らしいのですが、この作品のみで完結しているので本作からプレイしても問題ないと思われます。

        内容は多くのパロディーが盛り込まれたギャグモノで、プレイ時間は数時間程度。

        個人的にはこのパロディーギャグを楽しめるかどうかという部分が本作のキモであり、このノリについてこれる人であれば笑える仕上がりになっていると思いました。

         

        なんというか、差し込まれるパロネタの中には若干古いもの(00年台後半から10年台前半くらい)も多いんだけど、そこで古さを感じさせないのがすごい。

        ネタ自体は古いんだけど、笑いとしてはちゃんと最新の笑い(?)になっている感じがするというか・・・。

        私のような通常人にはどうしてこういう事が思いつくのか理解不能で、不意打ち的に挿入されるギャグでつい笑ってしまう所も多かったです。

        そもそもの「ガングロになった妹を元に戻す」というテーマ設定からして常人の発想ではない気が。

        計算してやっているのか天然でこうなっているのか、判別がつかない微妙なバランスを保っているのもポイントです。

         

        ただ、パロネタの数がいくらなんでも多すぎるww

        そのため全体的な印象として、パロネタのツギハギのような感じを受けるというのはありました(良くも悪くも)。

         

        しかしながら物語終盤になってくると、不思議な事にこのむちゃくちゃな話が綺麗にまとまった感が出てくるのは、これもまた妙なところで。

        最序盤のモノローグが微妙に伏線になっていたり、妹がガングロになった理由も「別の自分になりたかったから」と、特別驚きがある理由ではないんですが、まぁ確かになと納得させられてしまう変な力があります。

         

        短編という事もあり、前作のふらすとレヴォリューションなどに比べると、どうしても色々な要素が削られているので小粒感があるのは否めませんが、このあたりが本作をただのパロギャグモノとして終わらせず、ひとつの「こういう作品」として強引にまとめられている部分はある気がします。

        総じて、作者のセンスについていけるなら(←重要)面白いゲームです。

         

        DL先

        https://novelgame.jp/games/show/926

         

        | 双頭アト | レビュー | 19:40 | comments(0) | - |
        テスト2
        0

          てすと

           

          てすと

          | 双頭アト | - | 00:33 | comments(0) | - |
          テスト投稿
          0

            あいうえお

             

            かきくけこ

             

            12345

            | 双頭アト | - | 00:15 | comments(0) | - |
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + プロフィール
            プロフィールはこちら
            TwitterやHPへのリンクがあります
            + アクセスカウンター